GEIDAI BIBLIOSCAPE 2019 オブジェとしての本

|会期| 2019年9月6日[金]- 8日[日]*東京藝術大学藝祭期間中【展示期間】

|時間|

DAY1(9/6金) 13:00 – 19:00
DAY2(9/7土) 10:00 – 17:00
DAY3(9/8日) 10:00 – 17:00

|会場| 東京藝術大学附属図書館B棟(東京都台東区上野公園12-8)

|URL| http://geidai-ram.jp/geidaibiblioscape2019/

|お問い合わせ| geidairam@gmail.com(RAM Association事務局)

|企画| 東京藝術大学附属図書館, 東京藝術大学大学院映像研究科, RAM Association, コ本や honkbooks

|助成| 2019年度文化庁「大学における文化芸術推進事業」

>>>オブジェとしての本

あなたのカバンに入っているその本。その1冊の本には、何が綴じられているだろう。本をめくるとき、そのメディアの持つあらゆる側面が顔を覗かせる。情報の伝達。物質であること。権威性。私たちは本に対する思索を深め、実際に手を動かしながら、各々の視点をもとに作品制作を通して、独自のメディア論の形成をめざしていきます。「GEIDAI BIBLIOSCAPE 2019」では、大学院映像研究科メディア映像専攻修士1年を中心に、RAM Associationからは研修生やインターンも参加して、多彩なゲストたち(コ本や honkbooks企画)も加わり、総勢31組のアーティストたちが展示、パフォーマンス、ワークショップとさまざまな形で「オブジェとしての本」を発表します。

▼参加アーティスト:(五十音順)

【大学院映像研究科メディア映像専攻 修士1年】

大里淳, 大滝彩加, 岡千穂, 古閑慶治, 小林舞衣, 椎名悠香, 宍倉志信, 志村茉那美, 平井亨季, 福原翼

【RAM Association 研修生, インターン】

池田愛, 久保枝里紗, 倉谷卓, ジョイス・ラム, 土本亜祐美, makoto, 大和由佳, 吉田高尾, EAC東アジア共同体・建国神話リサーチセンター/万里(madeno)

【ゲストアーティスト(展示)】

青柳菜摘, 伊東友子+時里充, 池亜佐美・山中澪, 小光, タゴチャン, CHIHO IWAKAWA / MEGUNINJA / TAKAKO MINEKAWA

【ゲストアーティスト(イベント)】

屋上, オル太, かえるP, カニエ・ナハ

生きることと芸術と A Piece of Art

ワークショップ「まなざしをまなざす」

2019年11月4日(月・振休)

場所:旧門谷小学校ランチルーム

詳細はこちら

「生きることと芸術と A Piece of Art」

展示作家: 大﨑土夢 鈴木孝幸 藤井龍徳

2019.10.19(土)-11.4(月)

9:30-16:30 会期中無休 入場無料

主催 門谷小展覧会運営委員会

後援 新城市、新城市教育委員会

インク、ケチャップ、漂白剤  ink, ketchup, bleach

【展示期間】

2019 年 5 月 10 日(金)‐6 月 10 日(月)
OPEN 金曜日から月曜日まで 12:00-18:00(火曜日・水曜日・木曜日定休)

5 月 11 日(土)16 時よりトークイベント /17 時よりレセプションパーティーを行います

【場所】

ビエント アーツ ギャラリー VIENTO ARTS GALLERY

〒370-0006 群馬県高崎市問屋町2丁目7(ビエント高崎1F 西側)

TEL 080-9542-5241

https://www.vientoarts.com

エアライト高知 アーティスト・イン・レジデンス Exhibition Vol.1

大和由佳 Yuka Yamato

“ひとがみずと立つところ Where Humans Stand Together with Water”

【作品展示期間】

平成30年11月17日(土)~11月25日(日)

【作家滞在制作期間】

平成30年10月27日(土)~11月16(金)

<オープニングレセプション・レクチャートーク>

平成30年11月17日(土)

話し手:小金沢智氏(太田市美術館・図書館学芸員)

【場所】AirLite Kochi (高知県香美市香北町永野207) 、他

月刊ギャラリー2018 Vol.9

[月刊ギャラリー通巻400号記念企画] 日本で発表されているアート400選 PART2で紹介していただきました。